• HOME
  • 恋愛
  • 恋人と会う頻度は会いたい気持ちより少し抑えた回数を

恋人と会う頻度は会いたい気持ちより少し抑えた回数を

恋愛

好きな人が出来ると例えそれが片思いであっても日々の生活は大きく変化し、毎日好きな人のことを考えたり顔を見るだけで幸せな気持ちになれます。少しずつ相手との距離を縮めながら関係性を深め、恋人になれたときにはもっと大きな喜びを得る事が出来るのです。晴れて両思いになって好きな相手が恋人になった時には、その変化と気持ちが通じた喜びに舞い上がってしまうことも多く、少しでも毎日でも顔を合わせたいと考えてしまう人も少なく無いのです。

とはいえ、大切な事は大好きな恋人と長い期間良い関係性を保ちながらより愛情を深めあい、お互いを尊重してずっと付き合っていけることが一番であるとも言えます。その為には、恋人と会う頻度は会いたい気持ちの赴くままにその機会を作るのでは無く、会いたいと思う気持ちを少しだけ抑えてあえてワンクッション置くことも大切なケースがあるのです。

恋人ができたての時はついつい相手と一緒の時間を過ごすことが優先され、仕事や友人、家族や他のプライベートを後回しにしてしまうことも少なくありません。付き合った当初はその気持ちも周囲に理解されやすくある程度許されることでもありますが、そのような状態がずっと続いていくと、自分自身の人間関係や社会的な信頼が損なわれてしまう可能性もあります。特にある程度年齢を重ねた大人であれば、恋人との時間も仕事や友人とのプライベートな時間も上手に作りながら自分の世界を広く保つ事が出来ることが大きな魅力として写ることも多いのです。

恋人と会いたい気持ちを優先してその気持ちのままに進んでしまうと、せっかく両思いになった相手に負担に感じられてしまうリスクもあります。仕事や他の友人、その他のプライベートよりも恋人の自分自身と会う時間を優先して欲しいと願うことが重いと感じられてしまったり、恋人のことで頭がいっぱいと感じてしまうと人としての魅力が薄れてしまう場合もあるのです。

恋人としても自分が知らない世界を持っていて、仕事や友人との時間も大切にしながら人として自分自身の考えや人間関係などをしっかりと他と構築している上で、恋人としての自分との時間も大切にしてくれる方が人としての深みを感じて魅力的に感じられることが多いのです。そのようにお互いの自分の時間も大切にしたうえで会う回数が少し少なくなったとしても、お互いに別々に過ごした時間の中で会える刺激や相手に感じる魅力は増すメリットもあります。

大切な恋人を大好きに感じて会いたいと考えることはとても自然なことではありますが、会う頻度は会いたいと感じる気持ちよりも少し抑える程度の回数で計画することも恋人と良い関係を保つための一つの有効な方法ともいえるのです。

コロマリ編集部

4,677 views

コロマリは毎日の日常を少し楽しくする情報をキュレーションするライフスタイルWebマガジンです。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

About

コロマリは毎日の日常を少し楽しくする情報をキュレーションするライフスタイルWebマガジンです。