• HOME
  • 恋愛
  • 婚活で50代の相手を探すなら将来の生活をイメージしてみる

婚活で50代の相手を探すなら将来の生活をイメージしてみる

恋愛

婚活は何歳からでも行えるので、50代でも諦める必要はありません。ただ若いころの婚活と比べて不利になるため、20~30代のうちに活動しておくのが得策です。年齢を重ねるほどチャンスが減少する理由は、男女ともに結婚相手の年齢にこだわるためです。子どもが欲しいなら男女ともに若いほうがよいですし、子どもがいらないという男女であっても相手に若さを求めます。若いほど容姿端麗・健康ですし、病気のリスクも低いでしょう。

50代で婚活する場合は、同年代の相手を探すのが一般的です。ニュースでは親子ほど年の離れた芸能人が結婚する話題がよく流れますが、極めて稀なケースと考えてよいでしょう。男女ともに結婚適齢期は20~30代であり、40代以降になるとチャンスが減少してきます。50代の婚活はさらに不利になりますが、自分磨きを普段から行っている人とそうでない人の差は顕著になります。若さを維持するための秘訣は、まだまだ自分は若いと思い込むことです。もちろん50代という年齢を受け止めることは大切ですが、年齢を重ねることで生まれてくる魅力はあります。自分に自信を持って生きている人は、何歳になっても魅力的です。

結婚したいけど最初から婚活は無理という方は、恋愛から始めてみるとよいでしょう。まずは友達や恋人探しを目的に出会いを求めます。婚活サイトや結婚相談所に入会することに抵抗があるなら、恋活サイトを利用するとよいです。恋活サイトは20代の会員が中心ですが、サイトによっては年齢層の高い方が登録しています。恋活サイトで50代の男性と仲良くなり、そのまま付き合うことになったという女性もいます。ただ年齢がふた回りも離れている相手の場合、会話が合わない可能性が高いです。相性・価値観がマッチングするかどうか、じっくりと見極めていく時間が必要でしょう。

50代の男性と付き合っていく過程で結婚したいと感じたら、10~20年後の夫婦生活をイメージした上で決めるのが得策です。20年後は相手の年齢が70代になり、介護の必要性が出てくるかもしれません。また相手が定年退職して年金生活になれば、生活のレベルを下げる必要性が出てくる可能性があります。恋愛と結婚することは、覚悟や責任がまったく違ってくるのです。結婚する上で相手を好きという気持ちは大切ですが、それ以上に生活を維持していくことが重要です。恋愛は今が楽しければ問題ありませんが、結婚では少なくとも10年後のことを考えてみる必要があります。

コロマリ編集部

4,677 views

コロマリは毎日の日常を少し楽しくする情報をキュレーションするライフスタイルWebマガジンです。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

About

コロマリは毎日の日常を少し楽しくする情報をキュレーションするライフスタイルWebマガジンです。